正伝永源院

[臨済宗大本山建仁寺塔頭]

「秋」赤く染まる庭園

「冬」雪の庭園

住職の墨書

法要の様子

「春」庭園のつつじ

「夏」緑に映える青もみじ

住職の墨書

僧侶による解説

大名茶人織田有楽斎四百年遠忌記念ポスター

動画で見る正伝永源院

正伝永源院 Facebook

秋の特別拝観
instagram
 新着情報
2022.11.18
本日から12月4日まで「秋の庭園特別公開」を開催いたします。境内には、有楽斎が建てた国宝の茶室「如庵」が復元されています。また、方丈は平成25年春に奉納された元首相・細川護煕(もりひろ)氏筆の襖絵を公開予定です。また、限定の御朱印を授与いたします。
2022.5.6
「つつじと新緑の庭園特別公開」は終了いたしました。多数の方にお越しいただき、誠にありがとうございました。
2022.4.2
2022年4月13日(土)から5月5日(木・祝)の間、「つつじと新緑の庭園特別公開」開催いたします。境内には、有楽斎が建てた国宝の茶室「如庵」が復元され、織田有楽斎・細川家ゆかりの寺宝を併せて公開いたします。また、限定の御朱印を授与いたします。
2022.1.7
2022年1月8日(土)から3月18日(金)の間、「第56回 京の冬の旅 非公開文化財特別公開」を開催いたします。壁に古い暦を貼っていることから別名「暦張席」で知られる国宝の茶席「如庵」が復元されており、「有楽囲」「有楽窓」など有楽斎好みの特徴を見ることができます。蓮の花と鷺や燕などの鳥を描いた狩野山楽筆の美しい金碧の襖絵「蓮鷺図(れんろず)」や、狩野洞雲(益信)筆「観音図・雲龍図・虎図」三幅対の軸も見所です。
2019.1.11
2019年1月10日(木)から27日(日)、3月1日(金)から18日(月)の間、「第53回 京の冬の旅 非公開文化財特別公開」を開催いたします。狩野山楽筆の鮮やかな金碧障壁画「蓮鷺(れんろ)図」や「織田有楽斎画像」「鍾馗(しょうき)図」、2013年春に奉納された元首相・細川護煕氏筆の障壁画、中国・南宋時代の「架鷹(かよう)図」などの寺宝が特別展示致します。

当寺は特別拝観期間以外はご参拝いただけません。予めご了承ください。

| 縁起 - 発祥と歴史 - | 行事 - 催し物のお知らせ - | 寺宝 - 名宝と伝承文化 - | 交通 - ご来院の案内 - | 連絡 - お問い合わせ - |
| サイトマップ | このサイトについて | English | 
English